ケノンの脱毛の仕組み

ケノン

家庭用脱毛器のケノンでは、メラニン色素に反応する光を使用して脱毛を行います。仕組みとしては、毛根が光を吸収して熱を持つことでダメージを受け、毛の再生力が低下するものであり、脱毛サロンと同じものです。

 

そのため、メラニン色素のない白い毛や毛周期で毛が抜け落ちている時期に使用しても効果はありません。

 

ひげの場合は他の部位よりも毛根が深いところにあるため光が十分に届きにくく、脱毛効果を得にくいです。

 

使用に際して、痛みや火傷の危険性を抑えるために出力を抑え過ぎると毛根へのダメージも小さくなり、効果を得ることができないため、適切な出力の調整が必要です。

 

家庭用脱毛器の仕組み

 

現在、エステやサロンで行っている光脱毛と同じ効果を搭載した家庭用脱毛器が人気を集めています。

 

その中でも高い人気を誇っているのが、効果とコストパフォーマンスの高さで人気のケノンです。

 

ムダ毛をなくしたい部位に照射するとそこにある毛のメラニン色素に光が吸収され、その下の毛根に熱を持たせる事で、毛が抜け次に生えてきにくい状態を作っていくという仕組みです。

 

照射時に成長期の毛にしか効果がなく、すぐに毛がなくなる訳ではありませんが、施術を繰り返すうちに、ムダ毛が殆どない肌にしていく事が出来ます。

 

自宅で手軽に脱毛をしたい場合、ケノンがお勧めです。

 

家庭用フラッシュ脱毛器「ケノン」

 

超スピード脱毛機器「ケノン」。レーザー光線を利用して、ムダ毛を処理するアイテムです。

 

仕組みは、エステで使われる光脱毛と同じです。キセノンランプという光線を利用して、毛根に熱を加えます。

 

毛周期に合わせ、光を照射すると、メラニン色素・毛根組織にダメージを与え、毛を生えにくくすることができます。

 

熱を与えられた毛根は再生ができなくなり、だいたい10日間〜2週間で自然に抜け落ちます。

 

ケノンの照射面積は3.7cm×2.5cmと広いため、一般的なレーザー脱毛器に比べて格段に少ない回数でムダ毛を処理することができます。

 

発光時間が短いため、お肌に熱が伝わりにくく、連続照射回数を切り替える機能や10段階の出力調整が可能なので、お肌への負担を軽減できます。


更新履歴